ダニと喘息

 

こんにちは!わたしは、わたしが数年前に苦しめられたダニによる喘息について話したいと思います。はじめに、わたしは今までダニやらホコリやらを気にしたことはありませんでしたが、数年前に突然3週間近く咳が止まらないという症状を発しました。病院で検査をしてみると気管支喘息になっていて、原因はまだわからずじまいで色々な可能性を考えておくようにと言われておりました。

 

 

普段からタバコも吸いませんし比較的良い環境にいることの多いわたしだったのでどうしてだろう?ととても疑問に感じていました。きっと今、咳が止まらなくて苦しんでいる人も多いのではないでしょうか?いわゆる気管支喘息の予備軍ですね。そんな人たちに早めの治療と対策をしていただけるようにわたしから少しアドバイスをしたいと思います。
そもそも気管支喘息とは、気管支に炎症が起きている状態のことを言います。なので、何か刺激のあるものなどを吸い込むと刺激に対抗しようとして粘膜が腫れたり、痰がたくさんたまるようになります。それは自然と気管支を締めてしまうので、呼吸が苦しくなってしまいます。

 

それで咳が止まらなくなるのが気管支喘息なのです。喘息になると、呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーといった筒から風が抜けるような音がするようになります。医師からすると、2週間以上風邪とは違う咳が出続けると少し喘息の可能性を頭に入れておくようにという考えのようですので、今咳に苦しんでいる人はいつから咳が止まらないのか、どういう咳なのか、呼吸時に変な音がなったりしているのかどうかを判断することによって医師が病状を説明しやすいのではないかと思います。
そんな喘息を発症させる原因の1つ、また最大の原因はダニです。ダニの基本的な大きさはおおよそ0.1ミリメートルなので、自分ではほとんど見えないんです。ダニはふだんフケ、花粉、カビなどを食べて生きています。そんなダニから逃れる方法、それはやはりダニが潜んでいるところから徹底して綺麗にしていくということです。

 

ダニは基本的にどこにでもいますが、特に発生しやすいのが布団、カーペット、畳です。布団は最も発生する可能性が高く、布団にダニがいると寝ているときにダニやその死骸や糞を吸い込んでいるかもしれないのです。恐ろしい。だからこまめに掃除をしていくということがかなり重要になっていくんです。掃除機をかけたら拭き掃除をして、ホコリから減らしていけばダニも減りますよ。